「小保方晴子さんのSTAP細胞事件」とかいう謎だらけの闇

1: 風吹けば名無し 2021/09/12(日) 12:54:09.73 ID:qn0yifdrd
何があったんや


刺激惹起性多能性獲得細胞は、この現象の英語名から、論文内での略称や一般の呼称としてはSTAP細胞(スタップさいぼう、英: STAP cells)と呼ばれる[注 1]。同様に、現象についてはSTAP現象(スタップげんしょう、英: STAP)、STAP細胞に増殖能を持たせたものはSTAP幹細胞(スタップかんさいぼう、英: STAP stem cells)とされる[6]。また、胎盤形成へ寄与できるものはFI幹細胞と呼ばれる[7]。

2014年1月に小保方晴子(理化学研究所)と笹井芳樹(理化学研究所)らが、チャールズ・バカンティ(ハーバード・メディカルスクール)や若山照彦(山梨大学)と共同で発見したとして、論文2本を学術雑誌ネイチャー(1月30日付)に発表した[8][9]。発表直後には、生物学の常識をくつがえす大発見とされ[3][10]、小保方が若い女性研究者であることもあって、世間から大いに注目された。

しかし、論文発表直後から様々な疑義や不正が指摘され、7月2日に著者らはネイチャーの2本の論文を撤回した[11][12]。その後も検証実験を続けていた理化学研究所は、同年12月19日に「STAP現象の確認に至らなかった」と報告し、実験打ち切りを発表[13][14]。同25日に「研究論文に関する調査委員会」によって提出された調査報告書は、STAP細胞・STAP幹細胞・FI幹細胞とされるサンプルはすべてES細胞の混入によって説明できるとし、STAP論文は「ほぼ全て否定された」と結論づけられた[15]。

刺激惹起性多能性獲得細胞 – wikipedia

7: 風吹けば名無し 2021/09/12(日) 12:56:04.65 ID:J7MbA/yMd
なつかしい

49: 風吹けば名無し 2021/09/12(日) 13:02:54.62 ID:0sSCr6BM0
自殺者まで出た事件

25: 風吹けば名無し 2021/09/12(日) 12:59:18.28 ID:P7P0ltnNa
結局よく分からん

続きを読む

Source: 暇人\^o^/速報
「小保方晴子さんのSTAP細胞事件」とかいう謎だらけの闇