南極で50年以上前のコカ・コーラ缶が発見される。観測隊が持ち込み

1.:記憶たどり。 ★:2021/04/15(木) 12:43:45.34 ID:szPeUMxH9.net
 

まるでタイムカプセル――。南極大陸で50年以上眠っていたコカ・コーラ缶とロッテのクールミントガムが2020年9月、
日本の南極地域観測隊の越冬隊によって発見された。いずれも当時の観測隊が食料として持ち込んだもので、
現在では残っていない貴重なデザインだ。日本に戻ってきた缶とガムを両社に贈呈するセレモニーが15日、
国立極地研究所(東京都立川市)であり、半世紀を経た「帰還」を関係者らが祝った。

 ※リンク先に全文

南極で50年以上前のコカ・コーラ缶発見 観測隊が持ち込み - ライブドアニュース
まるでタイムカプセル――。南極大陸で50年以上眠っていたコカ・コーラ缶とロッテのクールミントガムが2020年9月、日本の南極地域観測隊の越冬隊によって発見された。いずれも当時の観測隊が食料として持ち込んだ

4:ニューノーマルの名無しさん:2021/04/15(木) 12:44:51.85 ID:OLAkNl940.net
プルタブでなくミニ缶切りで開けるとか?
164:ニューノーマルの名無しさん:2021/04/15(木) 14:56:42.07 ID:XFuOFAcI0.net
>>4
コーラは知らないけど、1968年ころの不二家ネクター缶は缶切りで穴空けた。
182:ニューノーマルの名無しさん:2021/04/15(木) 16:40:15.52 ID:JmxkXBNF0.net
>>4
鷹の爪みたいな金属をフチに引っ掛けて起こすと
爪が刺さって穴が開く

5:ニューノーマルの名無しさん:2021/04/15(木) 12:45:05.75 ID:NGMahaNJ0.net
映画化決定!

続きを読む

Source: 【2ch】コピペ情報局
南極で50年以上前のコカ・コーラ缶が発見される。観測隊が持ち込み