犬を飼うと孤独感が減り、うつ病を軽減するとの研究発表

暇人\^o^/速報

1: 猪木いっぱい ★ 2019/11/25(月) 00:12:50.45 ID:434bjGeq9
オーストラリアのシドニー大学による研究では、ペットの犬といると、年齢に関係なく飼い主の孤独感を軽減することがわかりました。

調査によれば、ペットの責任者は、歩道のために近所の通りでより多くの時間を過ごすため、隣人とより多くの友人を作ることになります。

-犬はファシリテーターです。ペットを飼うと、隣人のように人間同士の社会的相互作用が増し、孤独感が減ります」とサンパウロのサンカミロ病院ネットワークの精神科医、ナデゲ-ハーディ博士は説明します。

他の研究では、ペットの採用がうつ病に特徴的な症状の軽減に関連しています。

-動物は飼い主にとって理解しやすく、協力的であり、非常に忠実です。これは、それらの間の信頼と愛情の関係を確立するものです。

動物との接触は、エンドルフィンの生産を増加させます。これは、解放されると、幸福感、快適さ、喜びの感覚を刺激します-TDSプロジェクトのセラピーの心理学者、フラビアピテラ博士は言います。

多くの場合、所有者は自分の犬をまるで彼らが人間であるかのように関係します。

-共存により、彼らはお互いを理解することを学びます。
ペットは、飼い主が悲しいときや注意が必要なときを知っています。
孤独ではなく、誰かがあなたの家に到着することを本当に心配していることを知っていることは、所有者にとって非常に良いことです-認知行動療法を専門とする心理学者、エレン・モラエス・センラ博士は言います。

家庭でペットを飼うことの利点は、子供からお年寄りまで、あらゆる年齢の人々に見られます。しかし、ペットを採用することを推奨することは、すべての人に合うとは限りません。

-私は、動物が好きではない患者や、選択された動物の種類に特定の恐怖症を持っている患者にとってはポジティブではないと思います。
また、動物の世話をするために組織する能力を損なう障害と診断された人にとっては有益ではないかもしれません-ナデゲーハー博士は警告します。

改善した患者の例
Isabelle Loureiro、ビジネスコミュニケーションプロフェッショナル、27歳

今年、私は深いうつ病と診断されました。腰痛のためうつ病が悪化しただけで、私は仕事から約1年離れました。もう部屋を出られなくなった。

私は両親と彼氏と住んでいます。彼らのすべてのサポートに対して、私はまだ多くの隔離のエピソードを持っていて、何のためにもベッドから出ません。

それは私が最終的に別の犬を飼うことを考えたときです。なぜなら、私には素晴らしい4本足のパートナーがいたからです。そこで、6月に子犬のアダムを買いました。

google翻訳
https://m.extra.globo.com/noticias/saude-e-ciencia/ter-um-animal-de-estimacao-reduz-sensacao-de-solidao-aponta-estudo-24096464.html

8: 名無しさん@1周年 2019/11/25(月) 00:16:16.99 ID:MQzpmG6N0
知ってる。犬飼ってたあの10年は1番幸せな時間だった
もう二度と飼うことはない

39: 名無しさん@1周年 2019/11/25(月) 00:29:30.78 ID:ai7MpzsR0
>>8
だよね
自分も世界で一番好きな存在だったし今でもそうかも
人間をあれ以上好きになれる気がしない

9: 名無しさん@1周年 2019/11/25(月) 00:16:27.88 ID:vpmZR8vo0
引きこもりには猫の方が向いてるような

続きを読む

Source: 暇人\^o^/速報
犬を飼うと孤独感が減り、うつ病を軽減するとの研究発表