【悲報】アメリカさん、撃たれて流産した妊婦を起訴、撃った女は不起訴

アルファルファモザイク

けんか 同州プレザントグローブ プレザントグローブ警察 マーシェイ・ジョーンズ被告 アメリカに関連した画像-01
CNN系列局のWBMAによると、起訴されたのはマーシェイ・ジョーンズ被告(27)。妊娠5カ月目だった昨年12月、同州プレザントグローブにある商店の前で、別の女性とけんかになった。
地元メディアの報道によると、プレザントグローブ警察は事件の直後、「けんかを仕掛けて争い続けたのは子どもの母親だった。それが原因で、自身の生まれる前の子どもが死亡した」と説明していた。

相手の女性はけんかを仕掛けられて自分の身を守ろうとしたと警察は説明。ジョーンズ被告を銃撃事件の被害者とは形容せず、「真の犠牲者は生まれる前の赤ちゃんだった」と話している。
ジョーンズ被告を銃で撃った23歳の女性も当初、過失致死の罪に問われていたが、大陪審はこの女性を不起訴とした。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www.cnn.co.jp/usa/35139185.html

Source: アルファルファモザイク
【悲報】アメリカさん、撃たれて流産した妊婦を起訴、撃った女は不起訴

Amazonプライム・ビデオ      無料登録はコチラ
Amazonプライム・ビデオ     無料登録はコチラ