韓国海軍、日本に済州観艦式の際『旭日旗』の代わりに『大極旗』の掲揚を要請

アルファルファモザイク

(写真)

▲ 我が海軍の海上演習

■ 日本側、明確な回答せず
■ 日本、拒否して不参加の可能性
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

海軍が来月11日に済州(チェジュ)民間・軍複合観光美港(済州海軍基地)で開かれる国際観艦式で、参加国に自国の国旗と太極旗を付けて欲しいと公式に要請した。

海軍のこのような措置は事実上日本海上自衛隊を狙ったもので、軍国主義を象徴する『旭日昇天旗』を付けるなという意図として解釈される。日本海上自衛隊は旭日旗を部隊旗として使用している。各国の軍艦は自国の国旗と海軍旗を前後に付けるのが国際慣例である。日本海上自衛隊は日の丸と旭日旗を付けて今回の国際観艦式に参加すると予想され、我が国民の怒りをフットーさせた。

来月10~14日に済州海軍基地で開かれる国際観艦式には、外国の艦艇21隻を含む50隻余りの軍艦が参加し、11日に開かれる海上観閲は最も重要な行事に数えられる。

海軍の関係者は26日、「国際観艦式の海上観閲参加15か国の艦艇に自国旗と太極旗を付けて欲しいという公文書を送った」と明らかにした。

この関係者は、「済州国際観艦式の海上観閲時に自国の国旗と太極旗を付けるという事は、主催側のガイドラインなので日本を含む参加国が全て従うと期待している」と付け加えた。

海軍の要請に対し、日本側は明確な回答をしていない事が分かった。

もし我々の要請を受け入れたしても、海上観閲以外の入出港時などは旭日旗を付ける事が予想される。これに関連して我が海軍は、日本海上自衛隊の部隊旗である旭日旗の掲揚が国際慣例であるとし、強制するのは難しいという立場である。

我が政府は外交経路を通じ、海上自衛隊の艦艇が済州国際観艦式の期間に終始旭日旗を掲げない方案を打診している事が分かった。 日本側が我々の要請を拒否し、国際観艦式に参加しない可能性も提起されている。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=016&aid=0001445315

Source: アルファルファモザイク
韓国海軍、日本に済州観艦式の際『旭日旗』の代わりに『大極旗』の掲揚を要請

Amazonプライム・ビデオ      無料登録はコチラ
Amazonプライム・ビデオ     無料登録はコチラ