飼い犬の足が散弾銃の引き金に接触 犬に撃たれた74歳男性「もちろん許すよ。とてもいい犬だからね」

【2ch】コピペ情報局
1:ニライカナイφ ★:2018/11/10(土) 21:55:12.10 ID:CAP_USER9.net
飼い犬3頭と狩猟へ向かう途中にとんでもないアクシデントが起こってしまった。
飼い犬の1頭が誤って軽トラック内に載せてあった散弾銃の引き金を引き、飼い主を撃ってしまったのである。
『ABC News』『indy100』などが伝えている。

米ニューメキシコ州在住のテックス・ハロルド・ジリガンさん(74歳)は、同州ラスクルーセス西部にある砂漠へ野ウサギを狩りに行くために、チャーリー、スクーター、カウボーイという3頭の飼い犬を連れて軽トラックに乗り込んだ。
軽トラック内に置かれていた散弾銃は、銃口がテックスさんのいる運転席に向けられていたようだ。
そしてこれが思わぬアクシデントを招くことになってしまった。

前の座席にいた体重54kgほどになるロットワイラーのミックス犬チャーリーが、体を滑らせた。
その瞬間、チャーリーの足が銃の引き金に引っかかり、銃弾が放たれてしまったのだ。

続きを読む

Source: 【2ch】コピペ情報局
飼い犬の足が散弾銃の引き金に接触 犬に撃たれた74歳男性「もちろん許すよ。とてもいい犬だからね」